Owners Book

ownersbookはソーシャルレンディングで業者&ファンドの安全性は1位


今回はソーシャルレンディング界でファンドの安全性&事業者としての安全性が現状1位だと言われているowners bookについて解説をしていく。(その分利回りは5%台とソーシャルレンディングでは低め。)

何故owners bookはソーシャルレンディング業界で一番投資家にとって安全性が高いと言われるのか?

理由としては下記4点にまとめられる。

上場企業のロードスターキャピタル社の傘下であること

ソーシャルレンディング業界は現状残念ながら不正を行う業者が紛れ込んでいるのは事実。

だがowners bookはマザーズの上場企業であるロードスターキャピタル社の傘下。

上場企業というのは非常に厳しい外部からの監査にさられる。ソーシャルレンディングの他の零細企業でおきるような不正はowners bookでは起き得ない。

親会社のロードスターキャピタル社の業績は非常に好調

上記のように売り上げが右肩あがり。それ自体もすばらしいことだが一番の注目点はこの経営利益と最終損益。

経営利益が6億8千万。最終損益が4億6千6百万。

このように健全に経営をおこなっているのがロードスターキャピタル社の強み。そしてその健全経営というのが投資家にとっても安心材料と言える。

LTVが80%以下という低さ=投資への安全性の高さ!

上記2点が投資家にとって事業者の安全性という強みの説明であった。

ではファンド自身の安全性はどうだろうか?

それも非常に高いといえる。というのもowners bookはLTVの低さがソーシャルレンディング業界で屈指の数字と言えるからだ。
ではこのLTVという数字はどういった数字なのだろうか?

物件の価値に対する借入金に代表される負債の割合を表す数値で、通常は負債額を物件価格で割って算出する。

例えば1000万円の価値のある不動産のうち、800万円が借入金の場合、LTVは800÷1000=80%となる。weblioより

 

つまり1000万の土地を担保に800万を貸す。
この場合800÷1000=80%。

当然の事だが、担保価値のが貸付金額よりも大きければ万が一の時の安全性は高い。

そしてowners bookは全てのファンドがLTV80%以下。

これは言い換えれば、投資家にとって非常に安全性が高いファンドと言える。

リーマンショック時の都心部の土地の下落率は約15%。
つまりリーマンショック級が来ても元本割れをしないのがowners bookの特徴だ。

owners bookのファンドは都心部の一等地に限られている

例えば先週募集された千代田区のファンド

東京都千代田区東神田に所在する借地権付オフィスビル1棟(物件①)(*1)と、東京都文京区本郷に所在するマンション1室(物件②)を担保とする「メザニンローン(物件①②共に)」への投資となります。物件①を所有する不動産保有会社から担保提供を受けた総合不動産会社AT(貸付先1)(*2)に10,000万円(1億円)、物件②を所有する総合不動産会社A(貸付先2)に10万円、合計10,010万円(1億10万円)の貸付を行います。

*1 物件①への担保設定について物件①の底地所有者(以下、地主)から借地上の建物の担保差入れについての承諾書の取得が本件投資実行の前提条件となります。

*2 総合不動産会社ATは物件①を所有する不動産保有会社の子会社となります。

※貸付型の案件においては、行政当局からの指導により担保不動産・借入人の詳細を伏せる必要があり、当該写真はイメージです。

募集総額 100,100,000円
運用タイプ 貸付( メザニンローン )
貸付先数 2
予定利回り(年換算) 5.0%
予定運用期間 25ヶ月
投資実行日 2019/03/29
匿名組合の償還予定日 2021/04/20
償還方法 元本 25ヶ月後一括返済
利益配当 毎四半期
早期償還 可
担保 有り(根抵当権)owners book公式サイトより

このように地価が下落しにくい都心部を中心にファンドが組成されているのが特徴だ。

都心部の地価は非常に高止まりしており、この点でも投資家にとって安全性が高いと言える。

owners bookはファンドについてのリスクを図で確認できる

このようにロケーションの良さ。スポンサークレジットなど目視で確認できる。

投資初心者にユーザーフレンドリーの設定がなされているのがowners bookの特徴といえる。

owners bookのおすすめ度は?

利回りが4%~5%と比較的低めながらファンド&事業者自身の安全性などは屈指の高さと言える。

OwnersBook
はランクSSSで投資初心者にお勧めできるソーシャルレンディング業者と
いえるだろう。

下記公式サイトより無料で口座開設可能だ。
OwnersBook公式サイト