オプション取引

オプション取引(ストラドル戦略とは?)

ストラドル(Straddle)とは、オプションによる取引戦略の1つで、同一限月で、同一の権利行使価格のコール・オプションとプット・オプションをそれぞれ同じポジションで持つ戦略である。コール・オプションとプット・オプションをともに買いポジションで持つとき、ロング・ストラドルといい、売りポジションで持つとき、ショート・ストラドルという。

ロング・ストラドルの場合、買いポジションで持つことでプレミアムを売り手に支払うが、原資産が一定以上に上がるか、一定以下に下がると利益を得ることができる。一般的に、この取引戦略は、将来、相場がどちらに動くか分からないものの、原資産価格が変動すると見込まれているときに用いられる

ストラドルと似た戦略としてストラングルがあるが、ストラングルはプレミアムが安くなる分、より大きな変動があったときに利益を獲得できる