オプション取引

オプション取引(ストランドル戦略とは?)

ストラングル(Strangle)とは、オプションによる取引戦略の1つで、同一限月で、異なる権利行使価格のコール・オプションとプット・オプションをそれぞれ組み合わせて持つポジションのことである。異なる権利行使価格のコール・オプションとプット・オプションを、買いポジションで同数持つことをロング・ストラングルといい、売りポジションで持つことをショート・ストラングルという。

下記図はロング・ストラングルの損益を示しており、コール・オプションとプット・オプションを買いポジションで持つことでプレミアムを売り手に支払うが、原資産が大きく変動し、一定以上に大きく上がるか、一定以下に大きく下がると利益を得ることができる。一般的に、この取引戦略は、将来、相場がどちらに動くか分からないものの、原資産価格が大きく変動することが見込まれているときに用いられる

ストラングルは、ストラドルと似た戦略ではあるが、異なる権利行使価格のオプションを買うことで、オプション購入にかかるコストがストラドルより小さくなっている。