オプション取引

オプション取引(権利行使価格と原資産の価格)

オプション取引は権利行使時(SQ時)において権利行使価格が原資産(日経平均など)の価格よりも上回った場合(コールオプションのケース)にのみ価値があります。
それを下回っている場合は権利行使されないので価値はゼロになります。

つまり、オプション取引では、権利行使価格が原資産価格に対して上なのか、下なのかという点がかなり重要な要素となっています。

ちなみに、オプションではコール(買う権利)とプット(売る権利)の両方がありますので、インザマネー(権利行使した方がお得な状態)とアウトオブザマネー(権利行使しない方がお得な状態)と考えます。

なお、権利行使価格=原資産価格という状態を「アットザマネー」とも言います。

インザマネー(in the money ITM)

インザマネーはオプションが「本質的価値を持っている状態」を指します。権利行使価格よりも相場が有利な状況にあることを指します。
なお、インザマネーの中でもかなり有利な状況にある場合を「ディープ・インザマネー」と呼びます。略称として頭文字をとって「ITM」と書かれる場合もあります。

コールオプションの場合「権利行使価格<市場価格」
プットオプションの場合「権利行使価格>市場価格」

インザマネーの状態にあるオプション価格は権利行使ができる可能性が高く、本質的価値を持つため高くなります。

アウトオブザマネー(out of the money OTM)

アウトオブザマネーは、オプションを行使しても利益が出ない状態のオプションを指します。アウトオブザマネーの状態にあるオプションは本質的価値を持たず、「時間的価値のみを保有」していることになります。
なお、アウトオブザマネーの状態がかなり深い(権利行使価格がなかなかできないほどの価格になっている)場合を「ディープアウトオブザマネー」と呼びます。略称は頭文字をとって「OTM」です。

コールオプションの場合「権利行使価格>市場価格」
プットオプションの場合「権利行使価格<市場価格」

アウトオブザマネーの状態にあるオプションは権利行使がそのままではできないため安く、ディープアプトオブザマネーのオプションはさらに安い価格で取引されます。

アットザマネー(at the money ATM)

アットザマネーはコールオプション、プットオプションを問わず「権利行使価格=市場価格」となっている状態です。頭文字から「ATM」と略されることもあります。