資産運用全般

資本市場線とは?

資本市場線(Capital Market Line、CML)とは、横軸にリスク(標準偏差)、縦軸に期待リターンをとったときに、安全資産と効率的フロンティア上の接点ポートフォリオを結ぶ直線のことを指す。

資本市場線は、投資家が選択可能なポートフォリオの集合の中で、あるリスク水準に対して最も大きなリターンを得られる投資機会の集合である。したがって、資本市場線は、安全資産が存在するときの拡張された効率的フロンティアである。投資家は自身の選好に応じて、資本市場線上の接点ポートフォリオと安全資産を組み合わせたポートフォリオに投資を行う。